少しでも楽しく家を購入することをお薦めします

作者:   pochi   |   カテゴリー :   未分類

新築の注文住宅3LDK(一階LDK、二階3部屋)を購入した際に一番困ったことは、私の妻の理想を叶えようとした場合に、予算内では全く収まらないということでした。 妻の言うことも理解できましたし、一生住む家なので、少しでも理想に近づけようと思い、友人の建築家さんにお願いすることにしました。 予算の問題で一階はLDKのみにしたのですが、結果的に一番こだわりたかった対面キッチンのLDKをより広くすることができました。 当初4LDKを検討しており、一階に両親や友人が泊まる客間を一部屋作りたかったのですが、予算の問題で却下することになりました。 元々一階のLDKは広くしたかったのですが、25畳くらいになりますので、あまりにも広すぎやしないかと思っていたのですが、結果的に物凄く開放的で、また子供が4歳と2歳なので、毎日走り回っては良い遊び場になっています。 今のところ、客人が泊まりに来た際は、二階の一部屋かリビングで寝てもらっており、問題はありません。 私の場合、家を買うというのは、おそらく一生のうちで一番高い買い物です。妻にも理想があり、連日連夜言い合いになったりしました。 当たり前のことかもしれませんが、お互いが納得いくものにしたくても、意見の相違が必ず出てきますので、途中から自分が全て折れるようにしました。しかし、今となって考えると家を購入した経験は物凄く楽しいことでもありました。 一生に一回かもしれないことですので、少しでも楽しく家を購入することをお薦め致します。

2017年11月16日